本文へスキップ

TEL. 03-3821-8691

〒116-0013 東京都荒川区西日暮里4-18-8

同人会規約Articles


第1条   本会は清和書道会と称し、事務所を東京都荒川区西日暮里4-18-8におく。 

第2条   本会は書道の研究・普及を目的とし、また後進の育成に努める。 

第3条   本会は、その趣旨に賛同し、本会の催す行事に参加する意思がある会員により構成される。 

第4条   本会同人の中から次の役員を選出する。任期は特に定めない。

会長1名       副会長 3名      常任理事 若干名    

理事 若干名     幹事  若干名     評議員  若干名

常任理事会は会長、副会長、常任理事で構成し、会の運営にあたる。

第5条   常任理事・理事・幹事・評議員は常任理事会の推薦により会長が委嘱する。常任理事会は、次の者を評議員、幹事に推薦する。
評議員:清和展において「清和賞」を3回受賞した者又は同等以上の実力を有するもの。幹事:清和展において「特別賞」以上を受賞した者。又は同等以上の実力を有するもの。

第6条   常任理事会は次の資格あるものを同人および準同人を推薦する。準同人:清和誌上二段に昇格したもの。同人:1)清和誌上五段に昇格したもの。2)支部長 3) 清和展および毎日展の入賞者 4) 師範合格者 5)清和展において「特別賞」を4回受賞した者。6) 上記と同等以上の実力があると認められた者 

第7条   本会の目的を達成するため次の事業を行う
1)総会の開催 2)名簿の発行 3)競書、段・級試験、清和展、師範試験の審査 

第8条本会の事業を遂行するため事務担当者若干名をおく。 

第9条  役員会は理事長が必要と認めた時随時開催する。定例総会は年一回開催する。 

第10条 準同人以上の役員の相互の親睦を図るため、清和同人会をもち、年額12,000円の年会費を納める。但し会費には清和誌1年分の代金が含まれる。

第11条 慶弔金

 

香典

病気見舞

結婚

出産

個展社中展

理事以上

3万円

1万円

1万円

5千円

3万円

幹事、評議員、

2万円

1万円

1万円

5千円

2万円

同人、準同人

1万円

1万円

1万円

5千円

2万円

備考

 

二週間以上の入院加療(一年一回に限る。)

 

配偶者の出産も含む

 

(香典以外は届出制とする)

第12条 本会の会計は4月1日から翌年3月末日までとする。

第13条 規約改正は常任理事会の承認を必要とする。

第14条 本会の理事以上の役員を10年以上勤め、会の発展に功績があったと認められるものは、書活動を中止した後も本会の終身会員として遇し、機関誌「清和」の贈呈と総会への招待を行う。

第15条 本規約は平成16年4月1日より施行する。     

バナースペース

清和書道会

〒116-0013
東京都荒川区西日暮里4-18-8

TEL 03-3821-8691
FAX 03-3821-8691