紙

前のページに戻る

練習用には半紙を用います。

安価な物は機械漉き半紙、上質なものは手漉きの楮半紙、三椏、改良半

紙があります。

漢字用・・機械すきの余り滲まない物の方が初心者向き、価格も安価で

     実用的です

     値段 5,000円位(1,000枚)

かな用や細かい写し物・・

     改良半紙が適しています。

     あまりツルツルした西洋紙のような物は書きにくく、味わい

     も出ません。

     値段 ロール紙   3,000円位(1,000枚)

        半紙     6,000円位(1,000枚)

        高野切料紙  5,000円位(古筆練習用40枚)

練習用には、書きよく、味わいの出る物を使うことが、気持ちよく習う

意欲がますます盛んになってくるので、そこそこ良質のものを使うよう

にしましょう。     

 半紙

 漢字用

唐崎

小津和紙博物舗

5250円(1000枚)

白雪

寶研堂

4900円(1000枚)

秀」峰

慶花堂

7000円(2000枚)

かな用

飛竜

小津和紙博物舗

4410円(1000枚)

ゆずりは

小津和紙博物舗

13650円(1000枚)

水仙

寶研堂

10000円(1000枚)

ロール紙(洋紙)

寶研堂

3000円(1000枚)

白龍

慶花堂

6000円(2000枚)

白兎

慶花堂

12000円(2000枚)

 写真は仮名用料紙(練習用)小津和紙博物舗提供