筆

前のページに戻る

筆の分類

  毛の種類による分類・・・羊毛、鹿毛、馬毛、狸毛、鼬毛、兎毛、狼毛、玉毛 等


  形の上の分類・・長鋒、中鋒、短鋒 

  産地による・・・唐筆(中国製)、和筆(日本製)

穂先が鋭く尖っていて毛先が好く揃い形が円やかな確りしている筆が良い

と言われています。)

初歩の人が使うには

 大字用(半紙 四〜六文字)

  兼毫筆 (羊毛、馬毛、鹿毛などの混合筆)

   4号筆 (1号>7号)位の大きさ

   値段 学童用なら1,000円位

      一般用なら2,000円〜5,000円位

   中国製の太筆は、羊毫が多く柔らかい為、初心者むきではありません。

 細字用      

  唐筆に割合安価で書きよいものが有ります。

   写巻、双料写巻、選毫圓健、鶏狼毫、狼毫長鋒 等

   値段 1,000円位 

  和筆の小筆は狸毛、鼬毛 等で少し長めのものが良いでしょう。

   値段 2,000円〜5,000円位

筆を始めて使う時

 筆は製筆の過程で必ずフノリを含ませて形を整えてあるので

   大筆・・・・捌いてから水に浸して良くもみ、ネバネバした糊気が指先に感じられなく

           なったら水を絞り形を整えてから
良く磨った墨を含ませます。

       細字用・・・穂先より3分の1位のみおろします。

 使用後は

大筆・・・・水で良く洗った後、吊るして水分を取っておきます。

細字用・・・穂先の墨は水を含ませた反故紙でよくふき取ります。

          根元までおろしてしまうと腰の力が抜けて書き難く

          なるので穂先のみ墨を取っておきます。

どの筆を使うかは、個人の好みと言うものがあるので、色々試してみて

それぞれ毛の特徴等を研究するのも楽しみでしょう! 

       慶花堂さんより提供

左から

 1本目〜3本目・・細字、写経用 値段:700円〜1,000円位

 4本目    ・・八号ミンク  値段:2,000円位

 5本目〜8本目・・漢字用    値段:1,500円〜3,500円位

前のページに戻る