過去の文献から

前のページに戻る

才葉抄

「初心のうちは、手本の筆意を理解するのは難しい。先生について習うべきだ。」

「手本を多く見ると良い。習った事のない字だからといって、排除してはいけない。」

「手本を沢山持つと良い。自分の好みに合わないものでもじっくり見ればそれなりに面白いものだ」

入木抄

「初心のうちは、手本より意外に大きく書いてしまうものです。手本より字が大きくて細くなってしまうのは良くありません。字が大きければ太さも太く書くこと。手本通りに書くべきですが、多少大きくなるのはかまいません。手本より小さくなるのはいけません。」

「三蹟(道風、佐理、行成)などの筆跡だからといって初心の人が習ってはいけないものもあります。素晴らしい文字でも、時に応じて色々な書き方をするので、手本に向くものと向かないものがあるからです。」

「お稽古には手本を決めてそれを習い、その他に数種類の手本を参考にされると良いでしょう」