楷書

前のページに戻る

九成宮醴泉銘

(唐の欧陽詢書。端正な結構は楷法の極則といわれています)

孔子廟堂碑

(唐の虞世南書。品格の高さは唐代の楷書中随一です)

雁塔聖教序

(唐のちょ(※)遂良書。超妙と評される用筆法は書を学ぶ上で極めて参考になります)

多宝塔碑

(唐の顔真卿書。顔法の入門書として初学者向きです)

高貞碑

(筆者は不明ですが、北碑の代表的な名筆です)

張猛龍碑

(これも北碑の名品で、唐代の楷書に多大の影響を与えました)

(※印は衣偏に者)

中国法書選(二玄社)

鮮明な写真版に、釈文と簡単な解説書が付いています。

比較的安価なので、手本・観賞用に揃えることも出来ます。

九成宮醴泉銘

31巻

980円

孔子廟堂碑

32巻

 980円

雁塔聖教序

34巻

1080円

多宝塔碑

40巻

 980円

高貞碑

24巻

1080円

張猛龍碑

23巻

1080円

書道技法講座(二玄社)

写真版の他に、拡大した臨書の手本と筆遣いの解説

が付いています。

初心者向きの指導書です。

九成宮醴泉銘

1巻

1300円

余雪曼編

孔子廟堂碑

15巻

 

天石東村編

雁塔聖教序

14巻

 

余雪曼編

多宝塔碑

41巻

 

大平山濤編

高貞碑

21巻

 

浅見筧洞編

張猛龍碑

16巻

 

上条信山編