お手本

楷書

行書

草書

隷書

かな

過去の文献から

前ページに戻る

(書道の基本は楷書から)

(ノートの筆記や手紙など、実際は行書のほうが良く使われます)

(草書体が読めると一寸うれしくなります.。でも使いすぎると読んでもらえない危険があります)

(漢字をマスターしてからなどと言っていたら、何時までたっても習えませんよ)

(隷書を習うと上級者になった気がします)

(先人はお手本をこう考えていました)

前ページに戻る

気に入ったお手本を見つけて、それをじっくり習いこむ。書道上達の鉄則です。