過去の文献から

才葉抄

才葉抄は、藤原教長が伝える
平安時代の書道の奥義書です。

入木抄

入木抄は南北朝時代に、
尊円親王が後光厳天皇に
奏上した手習の秘伝書です。

麒麟抄

麒麟抄は南北朝時代の書論
で、著者は未詳です。

書譜

書譜は、唐の孫過庭が著した書論で、草書の作品としても有名です。

前ページに戻る

これらは、時代や社会情勢は異なっても、先人たちの自らの経験に裏打ちされた貴重なアドバイスであります。是非参考にしてみてください。

春日井市道風記念館