書道の目的  

                           前ページに戻る

[誰の為、何の為?目的の無い字は生きていない。]・・・・・和堂語録より

 

書道を習う目的は色々考えられます。目的に従って練習法も変わってきます。

 

(1) 字が下手で恥ずかしい。綺麗で読みやすい字を書きたい。

(2) 字が上手になりたい。

(3) 一人でも出来る手軽な趣味をもちたい。

(4) 書を通じて人々と交流をはかり、共通の趣味を持つ仲間を作りたい。

(5) 書を通じて精神を安定させ、平穏な境地を味わいたい。

(6) 書を通じて和漢の文化に親しみたい。

(7) 書で自己を表現し、メッセージとして人々に伝えたい。

(8) 書家として一家をなし、有名になり、生計をたてたい。

 

さてあなたが書道を始める目的は何でしょうか?

 

人により書道の目的や腕前はさまざまですが、その楽しさは共通です。まずは肩の力をぬいて,気楽に始めてみましょう。